大規模病院  看護師 就職

「大きな病院だから安心」というのは患者の考え方

最近は、老人介護や在宅など看護師の仕事の選択の幅も広がって来ました。
とはいえ、それでもほとんどの看護師が、今も就職先として大学病院などの大規模病院を志望しているのが現実です。

 

その理由の大半は、スケールメリットに対する漠然とした憧れが先行しているようです。

看護師の悩み

看護師の仕事をする選択の基準としては、あいまいすぎるという印象があります。

 

確かに、大学病院などには、規模の大きさに伴うメリットは存在します。
高水準の専門性など、特に勉強をする、という面を中心に考えると、申し分の無い職場ということができます。

 

こうしたところに重点を置いて、看護師としての質の向上を考えるのであれば、大規模病院を目指すのは決して間違った選択ではありません。
大規模病院と同じような機能を持つ、総合病院で、実践を学んで次のステップを考えることもできます。

 

また、看護師としてのスタートでベーシックな経験をしておくのが、その後のステップアップに役立つということにはなります。

 

自分にとってよい病院とは

「大病院なら安心だ」という、一般の患者が持つ医療機関のイメージと同じレベルで病院選びをしてしまって、入職してはじめて、看護の方向性が違っていることに悩むケースは決っしてすくなくありません。

 

自分の目指す看護を客観的に問いなおして、それを実現できる病院はどこなのかを、冷静に考えることが必要です。
看護の方向性で悩んでいるなら、転職コンサルタントからアドバイスをもらうことで、客観的に自分にあった職場を探すことができます。
看護師の仕事をする際に病院選びで意識することでとても心強い味方ができます。