看護師の転職の不安や悩み

看護師が転職するときの不安は大きい

看護師が転職する際には、大概の場合とても悩みがあるそうです。元々、正職員として看護師として働いていたんですが、結婚そして出産を経て、いざ看護師としてバリバリと復帰しようとしても、不安がよぎることもあるのが通常だそうです。

 

どの仕事でもそうなのですが、特に看護師は何かあってからでは遅いという責任が大きい仕事だということです。

 

そして、日進月歩で新しい看護技術がなされていて、その状況に直ぐに対応しきれるかということ、つまり、新しい技術についていけるか、という不安があります。

 

看護師の求人も、今はまだ売り手市場なので世間一般の仕事状況と比較しても多い方です。ただ、最近ではパートやアルバイト看護師が比較的少なくなってきています。

 

その理由として、育児や出産で休職していた看護師が不景気のために働き出したという事で看護師の数に比較して、求人数が少なくなってきている傾向にある、ということが大きな理由となっています。

 

また、企業などで働いていた看護師が、パートに切り替わり企業看護師として再就職できなかった看護師が地方に流れ、どの地方でも、看護師の求人が少なくなっている状況になっていると言えます。

 

いくら看護師の資格があって、育児休暇後復帰しようとしても、時間的に働ける条件の求人が少なかったなどと様々な問題があるようです。

 

さらに、看護師の転職を何回も繰り返している人は、企業としては転職の多いベテランの看護師を採用するより、看護学校を卒業したばかりの新人を採用する所も多いようです。

 

どの仕事でも同じですが、看護師の転職はブランクや転職回数が不利になるとは一概には言えませんが、ブランクの年数や転職理由も問われると言えます。

 

看護師の転職事情で、不安や悩みがあるなら、相談だけでもしてくれるところがあります。
看護師の悩み相談をしてくれる転職サイト