看護師はどんな時に転職を考える

どんな時に看護師は転職を考えるか

どんな職業をしていても転職を考える瞬間があります。これは、看護師という仕事をしていてもあり得ることです。

 

今、1つの病院などの職場で長く勤める看護師は、実は少数派なのです。ところで、看護師が転職を考える契機とは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

一般的には、収入が減ったことによる悩みや、自分自身のキャリアアップ、職場の人間関係などがあります。これらがいわゆる転職のきっかけだとして考えていると、実は、他の一般的な職業とあまり変わりがないでしょう。

 

収入減

看護師の転職のきっかけとなる場合は、詳しく調べてみると、まず、収入が減っていくことは、実は、収入に変化がないことや、今後収入が上昇する見込みがない場合も含まれているんです。

 

特に、男性の看護師であれば、子供が成長するのにあわせて、より多くの収入を得なければならない考えるため、転職するケースが多いようです。

 

キャリアアップ

キャリアアップについては比較的仕事熱心な方に、多くみられるケースの1つです。新卒で働いて2〜3年が経過すると、今後の働き方や方向性がわかってくるものです。だから、看護師の仕事をよりスキルを高めることができる職場へ転職することを考える人が多いのです。

 

また、働いている職場が、自分が目指している方向性とあわないことがわかった時も、これ以上の看護技術や経験を身につけることができないと判断し、転職を決断することもあるようです。

 

人間関係

人間関係は看護師に限らず、仕事をする様々な職業で転職理由の1つとして必ずでてきます。ばあいによっては、仕事はきついが、人間関係が円満なので転職することをやめる人もいるほどです。

 

一言で人間関係といっても、職場環境によって人それぞれケースがあるものです。看護師の転職したからといって必ずしも悩みが解決するわけではありません。同じ理由で転職を繰り返さないためにも原因を把握しておくことが大切でしょう。

 

これらのように、看護師として働いていて、転職を考えるきっかけがあります。転職するにしても、前向きな転職理由であれば、看護師の転職に成功したといえます。だからこそ、仕事を辞める時の動機が重要となってくるといえそうです。

 

もし、看護師の仕事で悩んでいるなら意外な相談方法があります。私が、利用した看護師の悩み相談をしてくれる転職サイトがあります。
看護師の悩み相談をしてくれる転職サイト