看護師の表と裏の転職理由

本音は職場環境の雰囲気

看護師が転職をするとき、退職を報告する時に表向きな理由、たとえば一身上の理由などを理由とする人がけっこうな数でいますが、実際には本質的ないわゆる本音では別の転職理由があったりします。

 

この看護師が転職を決意してしまう悩みにはどのような理由があるかを調べてみました。

 

看護師の某情報サイトでは、、看護師が転職を決意する理由として、

  • 「仕事環境の雰囲気がよくない」
  • 「融通が利かないシフトで長時間労働を強いられる」
  • 「将来性が感じられない」
  • 「待遇がよくない」
などの理由がありました。

 

はじめの「仕事環境の雰囲気がよくない」は、人間関係がうまくできないということも含まれています。

 

看護師は、大病院とは言っても、同じ科やチームなど職場での接触する人数があまり多くありません。だから、仲が良くなればとことん仲良くなりますが、その反面仲が悪くなってしまえばとことん仲が悪くなってしまうのです。

 

同じ職場で、だれか一人と険悪な雰囲気になっただけでも、人数が少ないのでその雰囲気は周囲に伝わってしまって、きまずい職場環境になってしまいます。職場の雰囲気が悪い、というような理由で看護師から転職をした人はかなり多いんですね。

 

また、「待遇がよくない」を転職理由とする人には、夜勤があり病棟がある病院に勤務する看護師が多く、特に、給料が上がらないことに不満を感じています。病棟での場合、1人で対応できる患者の数が決まっています。それは新卒であろうが長期のベテランナースであろうが同じなのです。

 

いくらがんばっても対応できる患者の数が決まっているのですから、給料に制限があるようなものなのです。しかし、病棟勤務の看護師は、患者の対応だけでなく研修会の準備や様々な業務を雑用も含め任されることがあるので、そのハードワークと待遇が見合っていないと感じる看護師が増えているのです。

 

このような転職理由があることから、転職を考える看護師とともに病院もまた看護師不足に頭を悩ませているのです。

 

現在の職場の不満で、不安や悩みがあるなら、相談だけでもしてくれるところがあります。
看護師の悩み相談をしてくれる転職サイト