看護師の転職 年齢制限

看護師の転職で年齢制限はあるの?

バブル崩壊以降、就職には就職難の時代が続きますが、そんななかで看護師のような国家資格があることは、転職においても有利に働きます。

 

一度取得すれば、特別な事情がない限りなくなることが看護師の資格です。とは言っても、看護師の資格さえあればいつでも比較的転職しやすいわけではなく、他の業態と同じように「年齢」が大きく影響してきます。

 

看護師の求人情報を見てみると、この年になったらダメ、という年齢制限はほとんど見られないものの、病院や企業の雇用側が採用したい人材によって、転職が難しい年代もあります。

 

20代であれば、看護師の転職は比較的容易です。雇う側から見て、雇用してから後の教育がしやすく、成長の伸びしろも大きいと考えられで、さらに、ベテラン看護師に比べて低い給与条件で採用できるというメリットもあります。

 

そうはいっても看護師以外の仕事に就いたり、20代で頻繁に転職を繰り返している場合、「せっかく採用してもまた辞められるのでは」と警戒されることはいうまでもないため、注意が必要です。

 

30代後半から40代の看護師の場合、比較的転職しやすい傾向にあります。その理由は「雇用するとすればどのような待遇で迎えるか」という点にあります。

 

40代で看護師を継続していたのであればそれなりのスキルがあると考えられ、年代的にも相応の役職・待遇を用意する必要があるので、取り急ぎスタッフの補充にお願いする、というわけにはいきません。

 

また、再就職を希望する看護師は、40代では、出産〜育児がひと段落し社会復帰を望んでいるという方が多く、パートやアルバイトなど正社員以外の雇用率も高くなります。そのため、比較的雇いやすい傾向にあるのです。

 

50代になってくると、業界・性別に限らず、転職自体がかなり難しくなります。現職と同様、もしくはそれ以上の待遇やキャリアを転職先に求めるのはなかなか大変なことです。

 

もちろん転職はケースバイケースなので、50代以上の看護師の転職が絶対に無理、ということではありませんが、一度離職してしまうと再就職の保証がないため、現職を辞めない状態で転職先を探すことが重要です。

 

ケースバイケースではなく厳密に年齢制限が存在するのは、国公立などの公務員の扱いになる病院へ勤務する公務員看護師になる場合です。公務員試験の受験資格には年齢制限が設けられています。もし将来的に公務員看護師になろうと思う場合には、20代の早い段階で目指す必要があります。

 

看護師の中でも、地元でも有名な大きな病院の看護師、身近なクリニックの転職は、比較的に年齢に制限されにくい傾向があります。下記で紹介する看護師専用転職サイトなら、より詳しい収集を入手することができますよ。
看護師の転職サイト 満足度ランキング