看護師の夜勤に悩みを抱えてしまっていたら?

看護師で夜勤をすることに悩みを抱えてしまっていたら?

看護師の仕事って24時間フル活動だから大変だよね
と、おもっているあなたへ。

 

そもそも看護師は日勤の仕事がメインで、夜勤の仕事は病棟がある病院だけじゃないのって思っているかもしれませんね。

 

実は、病棟のある看護師以外でも、看護師にも夜勤はあるのです。24時間営業の診療クリニックなどではありません。老健などの施設は夜勤があって、介護士さんだけでは無く看護師も、夜勤を行うこともあります。

 

夜勤とは、看護師にとっても大きな悩みなのです。

 

夜勤があると勤務の時間、そして休日が不規則になってしまいます。そして、たいていの場合、体調を崩しやすくなります。看護師の中でも夜勤に悩んで、転職・離職する人が多いのは、こういった夜勤のための体調の不具合が一番のりゆうで、夜勤に悩み転職しています。

 

せっかく看護師の資格を取ったとしても、体調を崩してしまって自分で仕事ができなくなったらもともこもありません。だからこそ、夜勤のない仕事に転職してしまいたい。そう考える看護師も多いものです。

 

看護師は夜勤に悩みを抱かない人

 

一方で、看護師が夜勤をすることに悩みを抱かない人もいます。それは、夜勤はデメリットばかりでなく、メリットもたくさんあるからです。

 

まず、夜勤は日勤の仕事よりもはるかに時給や報酬が高いです。これは時間外手当が加算されほかにも、夜勤手当という特別な手当をするので、時給単価が高くなるからです。この時給単価の高さから、副業としてのみ、または、アルバイト夜勤の仕事を選ぶ看護師もいます。

 

そのほかにも夜勤のメリットの理由は、夜勤は日勤よりもうけもち患者や対応が少ないことです。

 

看護師の夜勤の場合は、病棟に入院している患者さんへの対応があります。日勤でも夜勤でも対応する患者の人数は変わることはありません。むしろ、夜勤の時の方が看護師一人当たりが担当する患者の数は増えます。

 

しかし、日勤時によりも夜勤の時のほうが、看護師として対応する項目は激減するのです。患者は通常、夜中には熟睡していることが多くめったに夜に緊急事態が起きることがなりからです。

 

となると、ここでも患者一人当たりの時給単価としてのコストパフォーマンスは高いんですね。

 

看護師が夜勤に悩みを抱えたときにできることは?

 

看護師が夜勤という悩みを抱えたときに自分ができることは、仕事のスタイルをもう一度考え直してみることです。夜勤のない職場に転職するのか、というのも方法の一つです。

 

または、現在の仕事のほかにもアルバイトやパートとして夜勤看護師の仕事をしたいという方法が可能です。

 

もし、夜勤をするかという根本的な悩みまで考えているなら、ぜひ悩みを親身に相談してくれる転職支援サイトを使うといいですよ。

 

夜勤のことを考えると、どうしてもデメリットばかり考えて悩んでしまいます。一人一人の状況に合わせた、夜勤のメリットも考えて一緒に悩み解決をしてくれる方がいるととても安心できて心強いですよ。
悩み相談をしてくれる看護師の転職サイト

 

 

看護師の夜勤に悩みを抱えてしまっていたら?関連ページ

2交代制
夜勤の看護師のメリットとデメリット