夜勤の看護師のメリットとデメリット

夜勤の看護師のメリットとデメリット

通常の病院では、看護師の勤務は昼間の勤務時間がほとんどで、外来だけのクリニックや診療所などでは、夜勤がありません。しかし、入院病棟がある病院や、老人や精神病の施設などでは夜勤がありますね。

 

看護師の夜勤は、とくに緊急病院や夜間診療所などの場合には、急に夜間出勤する事もあり、体調管理けっこうたいへんです。看護師さんの悩みのなかでも、勤務に関しては夜勤の悩みも多いんです。

 

夜勤のメリット

看護師さんの夜勤業務では、メリットもありますがデメリットも多くあります。夜勤のメリットは、何といっても給料面や待遇面がいいことです。

 

やはり、通常の昼間だけの勤務に比べると、夜勤の場合には、手当が大きく、仕事も特に何も無い時は落ち着いて勤務を行う事ができます。昼間だけの勤務の場合には、常に患者さんの対応をせざるを得ず、仕事の量も多いので、肉体的にも疲れてしまう事も多いです。もし、昼間での看護師の勤務をしているなら、家庭環境棟もあるかもしれませんが、夜勤がお勧めかもしれません。

 

夜勤のデメリット

デメリットに関しては、体調の自己管理ができない事ですね。夜勤の場合には昼夜が逆転しているので、生活リズムがどうしても逆転してしまいます。だから、不規則な生活になってしまい、夜型に対応できない方は勤務が大変です。

 

また緊急病院の場合には、急な患者さんがどんな状況でくるかが泡からないので、その場の判断で対応をしなければならないので、精神的に大変な面もあります。

 

また、家庭があって子供が小さいときには、子供を夜間に見てもらえる施設の有無や家族などの協力がどうしても必要になってきます。

 

看護師の夜勤は、メリットもあり、デメリットもあるので、どちらが良いのか?と聞かれると難しい点があります。

 

夜勤看護師の求人

求人雑誌や広告などを見てもなかなか、夜勤だけの看護師さんの募集を見ませんが、看護師専門の転職サイトなどに相談してみると夜勤看護師さんの求人を見つける事ができます。

 

最近では共働きの夫婦も増えて、子育てを終えたパート看護師なども増えてきたので、夜間看護師の求人も人気があり、募集してもすぐに決まってしまいます。

 

夜間看護師さんはお給料や、待遇面でも色々魅力がありますが、緊急病院の場合には、一気に患者さんが押しかけたり、流行の風邪などが流行った時などは、休み無く働く事にもなったりと、肉体的にも疲れる事があります。

 

安易な考えで勤務は考えない方がいいですが、若い内に一度は夜勤看護師を経験する事で、自分のスキルアップにもつながるので、夜勤ができそうな環境にある看護師さんは経験してみるといいですよ。

 

無理に転職をすすめるわけではありません。夜勤の看護師さんの悩みを相談して、求人情報も紹介していくれるのは →看護師の悩み相談をしてくれる転職サイト

 

 

夜勤の看護師のメリットとデメリット関連ページ

2交代制
看護師の夜勤に悩みを抱えてしまっていたら?