看護師転職の失敗 注意すること

看護師転職で失敗しないための注意することは?

看護師資格がある場合、働く仕事の場所は豊富なのでたくさんの仕事情報から選ぶことができます。また、転職者も多い業界です。

 

転職の理由には

  • お給料が希望より低い
  • もっとスキルアップしていきたい

というような不満

  • 家庭環境が変わり、雇用の条件を変えざるを得ない

といった事情など、さまざまな理由があります。

 

そういった不満や事情を変えるために転職したのに、転職してから後も状況がよくなるどころか、悪くなって「転職に失敗してしまった」というケースが多々あります。

 

看護師の転職に失敗してしまう原因はなんなのか、その対策についても確認しておたいですね。

 

最もある看護師の転職での失敗する理由は、誰かに相談したり、事前に求人先情報を調べることなく、求人誌やハローワークなどの情報だけを見て転職を決めるからです。

 

この場合、十中八九「働いたら記載条件や面接時の話と現場とが違う」という結果になります。
例えば、福利厚生や仕事環境の面で、

  • 「育児休業制度有り」と記載していても誰も利用したことがない。
  • 育児をしていると伝えたが、スタッフ数が少なく休みはとれない。
  • 残業はないと聞いていたが、サービス残業が多い

ということです。

 

また、知人の紹介での看護師の転職を決めるのも注意が必要です。それがよく医療の仕事現場を知っている人である場合、看護師の周囲状況も知っているかもしれません。

 

しかし、親戚・仲のいい友達の紹介などで、とくに看護師の業界に詳しくない人に「看護師が募集されてたから」といってすすめられているだけの場合、求人先の希望する人材と、自分のスキル・希望条件がマッチしない可能性が非常に高くなってしまいます。知人だけに、断り切れずに転職してしまうと、さらに転職後の悩みは増えてしまいます。

 

病院の経営者との関係にも注意が必要なときがあります。特に小さなクリニックなどでは、ワンマン経営であることが多く相性が悪いと大変です。相性もスタッフ同士であれば話し合いで解決できる可能性もありますが、対経営者となると、いくら正恣意ことを言っていても、立場が異なるので自分の主張を通すことは難しいでしょう。

 

いくら給料や時間などの条件のいい職場でも、人間関係のストレスを抱えて働くのはつらいことです。職場での居心地が悪くなってしまって、悩みが大きくなると、ひどい場合には鬱になって、体調を崩したりするケースもあります。

 

看護師の転職では、転勤についての希望をハッキリさせておかないと、失敗につながります。ハッキリさせないまま後になって違ったことをいわれても、当然断ることができずに後悔します。

 

希望条件にあまりマッチしてないけれど仕方ない、と妥協して転職を決めた場合にも、失敗に終わる可能性が高くなります。 やはり、求人情報を選ぶ際に、看護師の職場の環境について実情をしっかり確認すること、待遇面の交渉を曖昧にしないことが大切であるとわかります。

 

看護師専門の転職サイトならば、専任のコンサルタントが求人先について知りたいことを教えてくれますし、待遇について代わりに交渉してもらうことも可能です。 無料で利用できる転職サイトで、失敗しない転職先探しを始めてくださいね。
看護師の転職サイト 満足度ランキング