ママ看護師の転職

ママ看護師の転職では条件が人それぞれ

子どもができて家庭をもったママ看護師さん。
結婚して、子どもをもって、家庭を築きながらの看護師としてはたらいていくことになります。

 

実際には多くのママさん看護師がいて、それぞれ違う条件がいっぱいあります。

  • 復帰ママさん看護師
  • 実務経験が少ない
  • パートで少しの時間だけ働きたいママさん
  • 家庭生活を重視して土日は休みたい
  • シングルマザーでも大丈夫かな
  • 共働きで両立できるかな

などなどママさん看護師さんもやっぱり将来への不安や、復帰できるか、などで悩んでいる方も多いんですね。

 

独身の看護師さんと違って、転職や就職を考えるとママさん看護師は様々な条件があって、一概にどこの病院がいい、っていうことができないんですよね。

 

経験を積むことで看護師として働くことができる面もあるのがナースの特殊な仕事です。そこは、一般職とは違うので、育児や家事との両立をしなければならないママさん看護師は矢継ぎばやにすることが多いんですよね。自分の身支度以外にも帰宅後に夕食を作ったり、家事をしたり、、、、、

 

大病院だと独身で大卒の看護師がやはり求人では一番求められていますが、実はママさん看護師を積極的に採用している病院や分野も多いんです。

 

看護師で新人の場合は、その病院のカラーに染め上げるように勤務をすることになります。ところが、家庭生活もあるママさん看護師は、自分以外のことにも気を配ることができるんですね。

 

確かに現役の看護師にくらべると、技術や知識では、産休などが入っちゃうので足りなくなってしまうかもしれませんね。

 

でも、それを補う人間性がママさん看護師にはあります。知識や技術も覚えていけばいいことです。技術取得を気にしているなら経験がものをいう職業なので大丈夫です。

 

託児所の有無は求人を見るだけではわからない

ママさん看護師が復帰や転職をする際の悩みとしては、小さい子どもを預けることができるかどうか、が気になることころです。

 

この託児所のある病院でも、院内の託児所は料金が高かったり、どのくらいの人数がいるのかなどは、自分で就職活動をしているとわからないことが多いです。

 

ましてや、託児所の質の良さやアットホームさなどは、完全にわからないですね。

 

ママさん看護師になるためや転職で、実務経験が少ないからだめかなとか、総合病院の夜勤でやっていけるかな、と不安がたくさんある中での一人で情報を探すのはやめた方がいいです。

 

かぎられた時間でそれもかなり情報が少ないですから、仕事をはじめてから後悔するのが目に見えています。

 

そんな悩みを聞いてもらって、私が転職成功できたおすすめの無料サービスでは、面接・転職のコツ・ポイントも教えてくれるので、登録しておくと良いですよ。
希望の案件も教えてくれます!!→ナースではたらこ