パート看護師のメリットとデメリット

パート看護師のメリットとデメリットで悩んでいるなら

正社員の看護師として働くのは難しいけど、看護師として働きたい場合、派遣という選択肢のほかに、パート看護師として働くこともできます。パートという雇用形態でも立派な仕事です。まずはパート看護師のメリット、デメリットを整理してみましょう。

 

パート看護師のメリット

メリット→働き方

看護師としていろいろな働き方がありますが、その中でも、比較的自分の時間に合った働き方ができるのがパートです。正社員になってしまうと、当然ですがフルタイム勤務が中心で、残業をしなければならなかったりします。そしてもし何か用事ができて通常の休み以外に休みをとる際には調整や他の看護師や患者さんへの配慮が必要です。

 

家事や育児が忙しくても仕事とを両立する看護師ママとして勤務していると、「この日のこの時間だけはどうしても休みたい」という用事が細かく出てくるものですが、そのような時にも休みをとりやすくなります。

 

では派遣になった場合ではどうかといえば、通常のパート勤務であれば、休みの希望を出すのは正社員ほど難しいことではありません。たしかに、度を外すほどあまりに自由に休みを取っていては職場での心証が悪くなってしまって、契約の更新がなされないこともあるかもしれません。

 

パート看護師であればシフト制になっているので、より自由に自分に合った勤務をすることが可能です。

 

メリット→時給が高いパート看護師

時給が高いのも、パート看護師のメリットの一つです。もちろん、正社員の収入にはならないけれども、一般的なパート看護師の最低時給は1,200円以上です。ほかの業種のパートと比べてみると、その待遇のよさは一目瞭然です。せっかくの看護師の資格を活かさない手はない、と言えます。

 

人手が不足しがちな地方の中規模病院などでは、2,000円といったパート求人も見られます。ある程度、一定の収入を得ようと考えるときには、時給が高いほど、少ない勤務時間でも効率的に収入を得ることができますね。

 

メリット→社会保険に加入ができることがある

パートといっても、勤務時間や期間の基準規定を満たすことができれば、社会保険に加入することもできるようになっています。その時代の税制基準は変わりますが、正社員の6割近い勤務を目安にすると、社会保険に加入することができるでしょう。ただ、採用の際にはその点は確認しておいて、就業時間の目安にしてみましょう。

 

パート看護師のデメリット

時給、キャリア、やりがいの3点があります。

デメリット→時給

パート看護師は比較的時給が高いので、時給はメリットなのでは?と思えるのですが、他の業種と比較するとメリットですが、看護師の資格で働く上では、最低時給であることに違いはありません。

 

正社員として勤務すれば昇給があり、ボーナス、その他の福利厚生を受けることができます。しかし、パートの勤務ではこれらのメリットがないのです。

 

デメリット→やりがい

キャリア、いわゆる経歴としてのデメリットですが、現時点ではパート看護師でも、将来、正職員としての就職を考えている場合、パート看護師としての勤務経験が経歴書上でキャリアとして認めてもらえません。通常は、看護師としては働いていないブランク期間、とされてしまい転職や就職に有利なキャリアにはできない、と考えておいてください。

 

デメリット→キャリア

そして、パート看護師はシフトに融通がきく一方で、責任のある仕事を任せられることはありません。収入のためとして割り切って「やりがいがなくてもいい」という考えで仕事を進めることになります。
ある程度責任ある仕事を任せてもらえる周りの正社員と比較して、自分ががんばっているのに十分に能力を生かすことができない悩みや不満を感じながらの仕事環境になりがちです。

 

以上のようにメリット・デメリットを考えたうえでパート看護師として働こう、と考えるならば、看護師専門の転職支援サイトに登録するといいですよ。パート看護師としてありがちな悩みも相談に乗ってくれます。

 

近年、パート看護師の求人は減少傾向にあります。より多くの情報を集めて、効率よくより希望にあった求人情報を探すことができます。→看護師の転職サイト

 

パート看護師のメリットとデメリットで悩んでいるならまず相談関連ページ

パート看護師の人間関係の悩み