中堅看護師の悩み

中堅看護師としてモチベーションがダウンしたとき

看護師さんのがんばりは、自然と背中にあらわれるものです。

看護師の後ろ姿

大学を卒業しそのまま付属の病院に勤務した友人看護師。内科勤務で働いて7年になります。

 

仕事は、一生懸命で、プライベートでも新しいことをしたり違う職種の方と交流するなど、好奇心は旺盛な方。今は、彼氏はいないけど、看護師という仕事に誇りを持っています。

 

そんな彼女の悩みはモチベーション。今では、若いナースが多い職場で、もうベテラン格な彼女。状況に応じてするべきことの優先順位を、頭の中で素早く更新しながら」きびきびと働いています。

 

そんな彼女の日常の悩みは、

  • チームのメンバーが、リーダーの私に伝えるべき言葉を伝えないでのみ込んでしまっているのではないか?
  • 退院の予定の患者さんがどことなく何か言いたかった様子だったけど声をかけられなかった
  • 指示確認をしたい医師となかなか連絡がとれない
  • 数日前に提案した看護研究のテーマと研究方法について、研究メンバーは内心乗り気ではないのかも知れないな
  • かなり遅れている勤務表が、今日こそは発表されないと困っちゃうな

など、大小様々な気がかりや心配がいくつもの電光掲示板に同時に流れるように生じているんですね。

 

中堅看護師の悩みから救われる声

実は、患者さんや後輩看護師から声をかけられて、とてもうれしかったと言います。

 

それは、いつもぶっきらぼうな受け答えの男性患者さんのもとにベッドサイドを離れたときに、
「あなたの冷静な受け答えや穏やかなまなざしは、大きな安心をもたらしていますよ。」

 

それから、エレベーターで後ろに立った後輩の看護師。
「あなたの指摘を受けて口をとがらせてばっかりの私ですが、本当はあなたが私の目標です。」

 

それを背中を見て何となく感じ取られたからでしょうか。いろいろありますけど、看護師として誇りを持ち続けることができている彼女も転職を考えたことがありました。やはり、中堅看護師の悩みとして、看護師としてのモチベーション維持があったときがありました。ナースとしてのモチベーションがダウンしたんですね。

 

結局は転職しなかったのですが、看護師の日常生活の悩みを聞いてもらうことができて、看護師としてのモチベーションが維持できたおすすめの無料サービスでは、転職のデメリットも教えてくれるので、登録しておくと良いですよ!!

 

自分にあった職場の悩みを聞いてもらって、私の悩み相談をしてくれた意外な方法は →看護師の悩み相談をしてくれる転職サイト