男性看護師の本音

少数派のデメリットを乗り越えて奮闘する男性看護師の本音

男性看護師や男性看護学生は圧倒的多数の女性に囲まれています。
いわゆる少数派である彼らは、女性よりも目立つため得をすることもあるとえいます。

 

しかし、目立つために損をすることもあるんですね。

 

以前に、男性看護師を題材にしたテレビドラマが放映されましたが、このドラマでは、主人公の男性看護師が女性の園である職場のなかで苦悩する姿が描かれていました。

 

実際の男性看護師、男性看護学生も様々な壁にぶつかり悩み、奮闘しているんです。

 

彼らはどのような思いで日々働いているのだろうか。

 

男性が女性の心理を理解するのは難しい

実際に男性看護師として勤務している方は、ほとんどが心の中で男性看護師として働くことを前向きにとらえています。

 

実際には、男性看護師は少ないからか、「○○さん」と自分の名前で呼んでもらえるので、うれしく感じています。

 

多くの人が思う「男性なのに看護師......jとデメリットがあるかのように見られているかもしれませんが、裏を返せばすべてメリットに変えていけることだと、前向きな気持ちでやっているんですね。

 

とはいっても、いいことばかりとは限りません。
やはり女性スタッフとのコミュニケーションの難しさについてはこのような話もあります。

 

「同じことを言ったつもりでも、男性と女性では受け取り方が違うこともあります。男同士ではすんなりとすんでしまうことでも、女性にとっては誤解を招く表現になってしまうこともあるのです。

 

けれども、スタッフの中心は女性です。ですから、男性の側でも気を配っていくべきでしょう」
と。

 

さらに、働き盛りの男性看護師の多くが抱く大きな不安があります。

 

男性看護師が持つ一番の悩みは、何歳まで現役でいられるかということ」

 

これは、女性看護師と同じように年をとっても病棟で働けるかというとそれは無珊だと感じている方が多いんですね。

 

「自分自身が今後年を重ねてある程度の年齢になった時に、今と同じように病棟で働いている姿が想像できません」と感じている男性看護師が多いのも事実。

 

そんな男性看護師の悩みを聞いてもらって、悩み相談をしてくれます。

看護師の悩み相談をしてくれる転職サイト

 

少数派のデメリットを乗り越え奮闘する男性看護師の本音関連ページ

男性看護師の悩みは3つ
男性看護師特有の悩み