看護研究論文のまとめ方-論文と図表の書き方

論文の書き方のポイント

研究論文を書き始める前に

看護研究を実施するにあたっては、いろいろな条件を考える必要があります。それぞれの職場の条件、それぞれの立場の違い、それぞれの研究意欲の問題などなど、問題はさまざまです。

 

しかし、「研究のための条件が整わないから研究ができない」ということはありません。研究を常時統けていなければ、自分の専門性を維持できなくなるからです。専門家には、「研究をしなくてもよい」ということはありません。

 

研究をしているから、自分の専門性を維持し、専門性を主張できるのです。

 

看護の専門家は、看護師です。したがって、すべての看護師が、看護研究に取り組んでいて当然なのです。

 

 

研究の進め方の確認

 

まず、研究の進め方を確認しておきます。研究の進め方を確認しておくことが、論文をまとめる際の重要な鍵を握っています。

 

研究の進め方を振り返って見ると、自分が何を書かなければならないのかがわかるのです。

 

研究の進め方を知っていると、すべての看護師が、容易に看護研究に取り組むことができるようになります。

 

取り組む順序は、次のようになります。

  1. 症例研究:主として、自分達がかかわった患者さんとの関係の中で、看護として何が展開され、それは、どのような理論・どのような考え方に基づいて展開されたのかが、検討・検索されます。いわば、看護過程の中での全体的な対応の研究です。

    その際には、「目標管理志向」であるか否かが、成否を分けます。一人一人の患者さんには、その患者さん固有の状況があります。その状況に、どのように対応し、どのような結果を得たのかが、問題になります。
    よい結果が得られますと、その対応がよいといえるのかどうかが、問題にされます。
    そして、その対応のもとになった理論・考え方が、他の患者さんに応用・展開が可能であるかどうかが、次の課題となるのです。このようにして、症例研究は、看護臨床の実務に直結した、状況対応規定研究です。

  2. 事例研究:症例研究を進めていく中で、特定の問題や事象に着目して追究を始めると、事例研究となります。着目した問題や事象が、未知・未解決なものである場合は、因子解明研究となります。

    また、その問題や事象が、どのような原因で生起し、どのような結果と関連しているのかを追究すると、因果関係解明研究となります。その問題や事象は、「このようなもののはずである。 」と、理論的な解答を先に出す形で仮説を立て、その仮説が成立するか否かの検証を行えば、仮説検証研究となります。その問題や事象がどのような状況であるかに着目すれば、状況解明研究となります。
    看護過程全般の考え方についてではなく、その問題や事象にかぎった状況対応規定研究も可能です。

  3. 実験研究:事例研究の中で、実験的に確かめなければ解答を得られないものに取り組むと、実験研究になります。

    さらに、今までにすでに定説になっているものを、実験的に確かめて、追認するという研究もあります。
    オリジナリティを主張することはできなくても、追試・再試として価値の高い研究です。取りあげたものによっては、因子解明研究・因果関係解明研究・仮説検証研究・状況解明研究・状況対応規定研究のどれにでもなります。

  4. 調査研究:演鐸的な方法ではなく、帰納的な方法で、基本的には、大数を問題にする場合に使われる方法です。取りあげた問題によっては、一例だけの調査でも、大きな価値を産む場合があります。

    問題の取りあげ方と処理の仕方によって、因子解明研究・因果関係解明研究・仮説検証研究・状況解明研究・状況対応規定研究のどれにでもなります。

  5. 文献研究:すでに追究され、発表された文献をもとに行う研究です。

    主として、総説・論説の形をとります。問題によっては、理論的な解答を出す意味での因子解明研究、理論的な解答を出す意味での因果関係解明研究、理論的な解答を出す意味での仮説検証研究(仮説を提示する研究) 、理論的な解答を出す意味での状況解明研究、理論的な解答を出す意味での状況対応規定研究となります。

レポートと研究論文の違い

レポートと研究論文には、本質的には大きな違いがあります。しかし、レポートを書くための資料や情報の収集・整理・分析の方法は、研究論文を書く場合と違いはありません。

 

レポートと研究論文の、本質的に大きな違いとは、考察・結論があるか否かです。

 

レポートの場合は、事実の報告が求められています。レポートされた事実をもとに、考察し結論を出すのは、レポートを受け取った側の問題です。レポートする側は、事実をありのままに報告するのが役目です。

 

研究論文の場合には、レポートと同様に、事実をありのままに報告すると共に、その事実が示しているものを解釈・考察して、自分の判断をもとに結論を述べる必要があります。自分の判断をもとに述べられた結論は、研究として追究されたものに関する理論・考え方ということになります。

 

実験や調査を行って、その事実だけを報告するものは、実験報告や調査報告ではあっても、研究ではありません。

 

研究論文に要求されるもの

研究論文に要求されるものは、一般的ないい方をすれば、「論理的であること」、「科学的であること」、「新しいもの( O r i g i n a l なもの)であること」などです。ここでは、「科学的であること」について、簡単に見ていきます。

 

研究論文に必要なものは、事実に基づいた判断であり、判断を積み重ねながら、一定の理論・考え方を述べることです。

 

疑問文・感嘆文・命令文・祈り・願望などは、判断ではありません。そのため、疑問文・感嘆文・命令文・祈り・願望などを論文の中に書くと、判断を示していないと見なされ、研究論文として認められなくなります。

 

ただし、疑問文の形で問題提起したものに、判断を明確に示す形で答えているものは、認められます。

 

論文の結末が、個人的な決意表明と、個人的な願望を述べているものを、しばしば見かけます。これらの本文の部分は、個人的な決意表明、個人的な願望を述べるための前置きと見なされ、研究として認められなくなります。

 

たとえば、「この経験を今後の看護の中に生かしたい。 」などというのが、その代表的なものです。これは、まさに個人的な決意表明、個人的な願望です。判断の形で、「この経験を今後の看護の中に生かす必要がある。 」
とか、「この経験は今後の看護の中に生かせるはずである。 」となっていれば、判断を示したことになります。

 

情報の収集と整理と分析

情報の収集・整理・分析のポイントには、細かく見ていくと、数かぎりなくあります。

  1. 情報収集のポイント

    自分がどのような情報を必要としているのかを、自分で的確に把握し、認識しているのかが、最大のポイントです。
    情報は、まず文献に求めます。文献から得た情報だけでは不十分なときに、自分に必要な情報は、どのようにして得られるか、を考えます。自分に必要な情報を得るための方法として、実験や調査が行われる場合もあります。

  2. 情報整理のポイント

    自分の研究では、何を明らかにしたいのかを、自分で的確に把握し認識しているときに、情服の整理が簡単になります。自分の得た情報が、自分の研究の目的とどのような関係にあるのかを、まず考えます。
    統計学的な処理の方法も、研究の目的と、情報の種類によって、決まってきます。平均と標準偏差を求めるもの、相関係数を算出する必要があるもの、分散分析が必要なもの、一致度・独立性の検討など、さまざまです。

  3. 情報分析のポイント

    情報分析のポイントは、情報の意味を正しく読み取ることにあります。その情報が意味しているものと、自分の研究の目的との関係を正しく認識すると、情報分析を行うことが、容易になります。論文を書く際には、まず、要求されているものを正しく分析して、自分の行った研究との接点を明らかにします。
    口頭発表用演説原稿・集録用原稿・投稿用原稿などは、その全部が発表用原稿ということになります。発表用原稿を書く前に必要なのが、下書きである原著論文です。下書きである原著論文は、研究によって得られた知見の全部について、細かく詳しく書き込みます。下書きである原著論文をもとに、発表用原稿を作ります。
    その発表用原稿が、オリジナリティのある価値の高いものとして認められると、その学問分野での、学問的に意味のある原著論文として、認められます。

 

図表の書き方のポイント

図表は、文章で書かれているものを、視覚的に補うものです。文章を読むだけでは、理解しにくいものを、直感的・直覚的に伝えるものです。したがって、図表を描く前に、本文を文章で書いておくことが、必要になります。

 

しかし、研究を繰り返し行っていると、口頭発表の際に何を述べるかという、文章の部分が、頭の中だけで整理されますので、それをもとに図表を描き、さらにその図表を言語的・聴覚的に補うという発表準備の方法もあります。

 

抄録用原稿・集録用原稿・投稿用原稿などは、まず全体を文章で書き、必要な部分を図表で補うということになります。図の中で、写真は内容の真実性の証明になり、説明図は内容の説明になり、グラフはデータの提示、論文内容の説明になります。

 

表の中で、表はデータの表示や論文内容の比較整理となり、列記は説明や論文内容の整理した表現となります。図と、表には、提示した順に番号をつけ、何の図表であるかの説明を簡潔に示しておきます。図の場合にはその図の下に、表の場合にはその表の上に書きます。

  1. 方眼紙の利用

    図表を描く際に、方眼紙を利用すると、正確に綺麗に描けます。場合によっては、方眼グラフ用紙だけでなく、片対数グラフ用紙・両対数グラフ用紙・関数尺グラフ用紙などを使うと見やすくなる場合もあります。

  2. 目盛りの書き方

    目盛りは、図を理解するために必要な、最小限の情報ですい図は、理解することができません。図を囲む線の内側に、み、外側に数字を入れます。

  3. 単位の書き方

    目盛りの無目盛りを刻単位が暖昧であると、せっかくの図表も無意味なものになります。単位の書き方・略し方は、自己流にせず、一般に通用する標準的な方法にしたがう必要があります。

次は→看護研究論文の論文構成の狙いについて