看護研究発表

盛り上がる?看護研究発表会

看護研究会などの発表には、まず最初は、研究は面白いものだ、研究を進める作業は、楽しい作業なのだと、いうことです。

 

ここで、ハッキリと区別して頂きたいのは、面白いということと、楽しいということの差です。面白いということには、表面的で現象的なものだけの場合もあるからです。面白いというだけで、内心が満足できるか否かの問題があるのです。

 

楽しいというのは、内心の満足をそのまま表していると思います。楽しさを味わうために、辛さ、苦しさを通り抜けなければならない場合もあると思います。だからどうぞ、研究を楽しんでください。

 

こういうと、研究を一生懸命にやらなければいけないのだと、受け止める人が、必ずいますが、そんなに一生懸命にならなくてもよいのです(^_^;)
ただ、一所懸命になる必要があります。一生懸命になんて、大変です。ですから、一所懸命でよいのです。

 

一生を懸命に過ごせる人は、それはそれで素晴らしいと思います。しかし、私のような凡人は、一生を懸命になるというのは、負担が多すぎます。多分、ターミナル・ケアを受ける階段になって、初めて一生懸命になると思います。それまでの間は、一所懸命になるだけです。必要な時に必要なことに、一所懸命になればよいと思います。研究をするときも、一所懸命でよいのだと思います。

 

病院の看護研究発表会というと、非常に盛り上がるところと、全然盛り上がらないところとがあります。

 

その理由は、簡単です。盛り上がらないところでは、一言足りないし、その一言の意味がわかっていないのです。その一言というのは、「御静聴を感謝いたします」という言葉なのです。

 

みんな自分達の仲間なのだから、形式的に感謝の言葉をつけ加える必要が無いという人がいて、それにしたがっているようです。しかし、研究発表会は、仲間達の会であると同時に、専門家の集まりでもあるのです。お互いに相手の専門性を尊重して、敬意を払う必要があります。

 

研究発表者が、聴衆の専門性に敬意を表する態度をとるとき、それを具体的に表すのが、「御静聴を感謝いたします」という言葉なのです。

 

これに対して、聴衆が発表者に敬意を表する具体的な態度としては、拍手があります。たとえ、拙く、まずく、未熟で、変で、おかしな発表であったとしても、それは、研究そのものが、拙く、まずく、未熟で、変で、おかしかったというだけで、発表者自身のことではありません。

 

盛大な拍手は、次の研究の動機づけとなります。盛大な拍手を受けると、「またやろう」という気が起きるのです。拍手は、発表内容に向けて行うのではなく、発表者自身に向けて行うのです。その研究を発表したという行為に対して。。。

 

 

看護師の仕事をしていて、今の自分の勤務体系や給料、人間関係に不満や悩みがあるなら、親身に相談にのってくれる看護師転職サイトに登録して他にも自分にとって良い職場があるということに気づいてください。

看護師の悩み相談をしてくれる転職サイト

 

 

看護研究発表記事一覧

研究とは、「よく調べ考えて真理をきわめること。」(広辞苑)です。そこには、「調べる」「考える」「真理をきわめる」という、3つの働きが要求されています。それは、看護研究でも同じです。調べなければならないものが、2つあります。その1つは、研究のテーマとしたものの「内容」についてです。もう1つは「言葉」に...

研究をスムーズに進めていくための基本的な態度として、「なるほど」、「そうかな?」、「私なら」という3つの態度があります。これは、「偏見を無くすこと」として指摘されているものですが、特に看護研究の作業で共同研究を行う際にも、そのまま活用できるものです。なるほど他人の言動や主張を、肯定的・受容的に受け入...

研究論文を書き始める前に看護研究を実施するにあたっては、いろいろな条件を考える必要があります。それぞれの職場の条件、それぞれの立場の違い、それぞれの研究意欲の問題などなど、問題はさまざまです。しかし、「研究のための条件が整わないから研究ができない」ということはありません。研究を常時統けていなければ、...

論文構成には、一定の型があります。それぞれの部分には、その狙いがあります。それぞれの部分には、どのような狙いがあり、論文の中でどのような役割を果たしているのかを、正しく認識していると、まとめやすく、書きやすくなります。症例研究の場合症例研究は、看護研究の中の中心的なものです。どのような看護研究の成果...

症例研究の場合表紙の書き方論文の種別:どのような種類の研究であるかを書きます。一番大雑把なのは、「看護研究」という書き方です。その他に、「症例研究」 、「事例研究」 、「調査研究」、「実験研究」 、「文献研究」などという書き方もあります。また、「卒業研究」というのもありますが、これは学生専用です。さ...

ケース・レポートの書き方とまとめ方のポイントケース・レポートは、文字通り、ケースについての報告をするものです。報告ですから、「事実をありのままに伝える」ことを、主眼とします。補足説明が無いと理解することができないものには、説明をつけます。しかし、特別なものを除いて、解釈の必要はありません。その結果を...

同時に、論理法則にしたがって、命題を記号化し論理計算の例題を行う準備文献を幅広く調べます。“仮説 を“検討 できるようになったら、準備完了です。症例研究の場合は、すでに看護過程の中に、“仮説」の役割をするものがあるので、特別な準備は必要ありません。仮説を立てる「オヤッ?」「アレッ?」「ハテナ?」「な...

研究は、発表されることによって、価値を獲得します。したがって、発表の準備が、重要な意味をもちます。抄録作成まず、抄録を作成します。抄録というのは、「書き抜いたもの」、「抜き書きしたもの」という意味です。原著論文から、必要な要素を抜き書きしたものが、抄録です。抄録に必要な要素は、「研究の目的」「研究の...

まず一般的な言葉の意味から確認してみます。講評:説明を加えながら批評すること。(広辞苑)。理由を説明し批評すること。また、その批評。(広辞林)説明:1)ときあかすこと。 2)記述をさらに正確にし、定義づけること。厳密には記述が事物について「何であるか」「いかにあるか」を示すのに対し、説明は事物が「な...

まず「評価」の言葉の意味から調べることにします。評価:1)品物の価格を定めること。また評定した価値。2)善悪・美醜などの価値を判じ定めること。(広辞苑)1)品物相応の値段を決めること。2)人・物事の善悪美醜の価値を判定すること。(広辞林)そこでさらに、この中に使われている言葉の意味を調べます。価値:...

評価表看護研究の評価の基準とするために、いろいろな形の評価表が、考え出され、実際に使用されています。その1つの例として、次のものがあります。評価の着眼点(論文の構成・狙いと書き方の評価)症例研究原著論文の評価「表紙」どこの、誰が、何を書こうとしているのかがわかる。この論文の最終的な責任をとる人は、誰...

新しいもの(Originality)とは研究に関する著書を見ると、必ず出てくるのが、研究は、新しいもの(オリジナリティ:0riginalityのあるもの)でなければならない・という言葉です。研究では、常に新しいものであることを要求しているのです。しかし、初めから新しいもの(オリジナリティのあるもの)...