後悔しない 働き方

「やらない」のは後になって悔やむことになる

人はとても小さなつまづきを大きな問題にすり替えガチです。

 

たとえば、今、世代間格差や雇用規制などについて必要以上に憂いを感じている人は、自分の身近にもっと他に解決すべき問題がないかどうか確認するといいでしょう。

 

不景気が問題なのか、自分の仕事の就労条件が問題なのか、答えは自ずと明らかになると思います。
大局的な視点は大事ですが、自分の問題から目をそむけず、今できることに力を注ぐことがもっと重要です。

 

「もっとやっておけばよかった」と言わないために

後悔しない 働き方

よく、「20年若かったら何をしますか」と中年になった方々に聞くと、「もっと勉強すればよかった」と言う答えが、7割くらい返ってきます。

 

これは、学歴などではなく、「やれたけれども、やらなかった」ことへの航海です。
「もっとやっておけばよかった」ということは、「やったけど、なしえなかった」ことではないのです。

 

自分でもやれたはずなのに、でもやらなかった、から悔やむのです。
できること、簡単なことをやらなかったことが悔しいのです。

 

今できることをやらなかった20年後の自分と、いまできることを精一杯やった20年後の自分。
はたしてどちらが輝いているでしょうか。

 

こうした自分の将来への想像は、いま現在あなたの行動を自己評価する基準にもなってくれます。
苦しい時、自分の行動に迷ったら、今できることを一生懸命やっているか、を自分と相談してください。

 

もし、相談相手が欲しいなら、転職エージェントと関わることをおすすめします。看護師の仕事を知り、経験豊富な方が毎日のように、同じ環境にいるナースの悩みを聞き、病院の情報も得ているからです。

 

転職するしないにかかわらず、「自分にあった職場」をアドバイスしてくれますよ。
無料で登録できる転職サービスは、今現在、転職する気がなくても大丈夫です。
相談するだけでも、親身になってくれます。

 

職場の悩みを聞いてもらって、私が転職成功できたおすすめの無料サービスでは、面接・転職のコツ・ポイントも教えてくれるので、登録しておくと良いですよ。
希望の案件も教えてくれます!!→ナースではたらこ

 

面接、転職のコツ、ポイントも教えてくれるので、登録しておくと良いですよ。希望の案件も教えてくれます!!